スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイ空港って・・・

ドバイの空港って・・・?!
と言うようなことが沢山ありました。

まず、トイレの水が温水だったこと。
もちろんシャワートイレじゃありません。
なんで温水なんだろう?
もしかして砂漠の国だから外からそのまま水を引いているだけなのか?
うーん・・・
それにしちゃ、座っているだけでしっとりするよな。

次に、中東に届いた日本庭園。
タイルのプールに錦鯉が泳いでた・・・。
鯉もビックリだけど。

あとでっかいロレックスの時計(時間を見るための時計)がいたるところにあること?

エミレーツ航空をしようしたトランジットで4時間以上の待ち時間がある場合、
無料のビュッフェがとれること。それも、朝食やら夕食やらスナックタイムやらでメニューが変わること。

DFSのお姉さんの英語が分かりやすかったこと(風の卵でも聞き取れました)。


またアップします。
スポンサーサイト

ドバイ空港で(イタリアからの帰りに)

人生まだまだ驚きが隠されています。

去年、マレーシアのランカウイ島の地元の人が行くナイトマーケットで300kmほど離れている一番会いたい友達にバッタリ会いました。
今年は、彼女はどこに行くのかな。
まさか今年は会わないだろうな。
人生、驚きが隠されているから。。。
どこにいくかは私も彼女も言わないでいようと暗黙の了解があるかな。
そう思ってた。

私が帰国して彼女にお土産を送って、少ししたら彼女からエアメールが届いた。
文面を見て鳥肌が立った。

『今、ドバイの空港でこれを書いてます。今年はどこにいくの?空港内をキョロキョロしてます』

そのエアメールには日にちが書かれてなかったから想像するしかできなかったけど、切手がユーロで貼られていた事、イタリアから日本に届くのは10日くらいかかるかもしれない事、そのことを考えるともしかしたら私がドバイ空港にいた日と時間が重なるかもしれない。

これは彼女が帰国したら私からの郵便をみたらビックリするだろう。
そして彼女も同じことを感じるだろうな。


恐ろしいことに、同じ日に同じ時間にドバイの空港に滞在していました。
ただ、同じターミナルにはいたけれど私は日本に飛ぶためのゲート近くに、彼女はローマに飛ぶためにターミナル内のDFSにいた可能性が高い。
でも距離単位はM(メートル)です。


人生まだまだ驚きが隠されています。
人生、何が起こるかわかりません。
辛いことや、楽しいこと、全部全部受け入れていきたいなと思います。

こんな風の卵ですがポチっとしていただけると嬉しいです。


イタリアに行く前にドバイへ

イタリアに行く前にドバイでトランジットしました。
ドバイは一度行きたいと思っていた国です。
本当はストップオーバーをかけて出国したかったんですけど、今回はちょっと無理で諦めました。
次にドバイに行ったら絶対にストップオーバーするぞ、と心に決めました。

ドバイに到着して、エミレーツ航空専用のターミナル3に入りました。
いや、もぉ、楽しかったです。
うわさのロレックスの空港内設置時計も、
何だか捻じ曲がって中東に到着した日本文化とか(タイルのプールに泳いでる鯉など)。

エミレーツ航空は一度搭乗したいと思っていた航空会社。
機内のヘッド部分がン実段になっていて、自分の頭の位置にあわせて立てることができる。
そのためエアー枕が必要ありません。
これ、すごく楽チンでした。
パーソナルTVが大きいだけでなく機内エンターテイメントも充実でした。
映画も沢山みたし、音楽もききました。
ジョニ・ミッチェルも普通に入っていて心地よい空の上を過ごせました。
いい音楽があると心が穏やかになれます。

そして、何より機内食が美味しかったんです。
機内食マニアの私にはかなり嬉しいアイテムの一つでした。

今年のABロードのランキングで堂々一位をとっているのが頷けます。
とうとうシンガポール航空を抜いちゃいましたね。
何だか分かる気がします。
機内アメニティもエコノミーでもポーチで渡してもらえましたし。


あ、そういえば何度かCAの方と話をする機械があったんですが、
そのたびにとてもいい対応をしていただけました。
トニックウォーターを頼んだ時など、レモンを入れてくれました。
このサービスは他になかったです。

またエミレーツ航空について書きたいなと思います。


沢山たのしい記事を書けるよう、ポチっとして頂けると嬉しい風の卵です。


イタリアに行ってきました

少し前にイタリアから帰国しました。

勉強になったこと、発見したこと、たくさんありました。
これらのことを自分の中で上手く昇華させたいなと思います。

疲れた時もありましたが、行ってよかったなと思いました。

また時々イタリアのことも書けたらいいなと思います。
頑張るぞ、と!


ポチっとしていただけると嬉しいです。

マレーシアに行ってきました(その八)

何事もなく楽しい思い出だけ持って帰ってくることが出来て良かったです。

今回の経由、乗継を経験したことで
まーちゃんも体力に自信が持てたかなと思います。

朝、家を出たのが5時過ぎ。
アンダマンホテルに到着したのが日本時間で23時過ぎ。
移動だけで18時間、やっとホテルの椅子に寛ぐことができました。

そういえば、と。
主治医の先生に確認したのは
 「マレーシアに行ってもいいですか?」
だったっけ・・・ 
もしかしたら先生は「日本→クアラルンプール」だけと思っていたかも?
それなら飛行時間は7時間弱なわけで・・・。
まぁ、最初のバリ島の時
「経由・乗継の気圧の変化より飛行時間の方が重要」と言ってた。
飛行時間が長くなると肺が苦しくなるかなって。
その目安時間が10時間。
今は当時の肺高血圧の数値より、
10分の1くらいになってるから(それでも正常範囲より大きい)
元気に不調を訴えることなく過ごしていたんだろうなって思う。
問題だったのは音が大きくて怖かっただけみたい(笑)。

昨日、まーちゃんが
 「お母さん、また飛行機に乗ってどこか行きたいな」
と言った。これは今まで言ったことがない言葉。
嬉しいな。

まーちゃん、身体に負担のない範囲でいろいろいけるといいね。


ポチっとして頂けると嬉しいです。

プロフィール

Author:風の卵と私
母(風の卵):風が、光が、好き。
ハッピーが基本。
趣味は興味のあるもの何でも。
仕事は分析屋さん。

りんりん:高校1年生の女の子、非常に面白い。

まーちゃん:小6の女の子。
先天性心疾患と肺動脈閉鎖と肺高血圧症。根治術は未定。

とーこさん:娘二人を溺愛中。

「育てたように子は育つ」を実践中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。