スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まーちゃん、救急車で運ばれました

まーちゃん、深夜に救急車で運ばれました。
何年ぶりかなと思います。
回数は3回目です。

昨日、いつもより咳が多く出ていました。
何度熱を測っても37度、37.1度で・・・
もしかしたら熱が出てくるのかなと心していました。
そうしたら39.1度で解熱剤も吐き、状態も余り良くない状態。
心拍数は上がるし、酸素吸入さえ気持ち悪いと言い出しました。

救急の相談ダイヤルに電話し、
罹り付け医(いつもの所→総合病院)に診療の確認。
それが無理なら、もぅ救急車を呼んでくださいと言われました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

まーちゃん、頭が痛いと・・・

まーちゃんも今日から学校が始まりました。
朝、起こしに行くと、ちょこんとベッドに座り

 「おはよう」

と元気に言う。
ああ、早く暖かいところ(台所)においで!と私。

暖かい台所にくると、ちょっと顔をしかめて

 「頭痛い・・・でも大丈夫やよ。心配ないから」

と言いました。
それを聞いて、血圧が変動したのかもしれないと思いました。
まーちゃんは寝ようとベッドに横になる時もよく頭が痛いと言います。
(アンギオをしてもらっている)主治医の先生に尋ねると
”身体の向きが変わることで血圧が変わるんかもしれんなぁ”
と言われました。
そうか、まーちゃんはこれくらいの身体の変化でさえ負担を感じるんだ・・・。 

これは本人が口にしたことで分かった事。
口にしていない事で辛いことは他に沢山あるだろう。
それを普通だと思っているから、口にすることはないかもしれない。

根治術ができたら・・・
どれだけ楽に生活できるのかな。
どれだけ思うように歩けるのかな。

だけど。
まーちゃんは、今のまーちゃんを生きている。
私は今のまーちゃんを見ていこう。
痛みを代わることも、受け取ることもできないから
私はまーちゃんの生きる姿を見ていこう。
そう思う。

「がまん、がまん、んっ!」
と微笑みながら耐える姿に、
笑みを浮かべて「えらい!」といい続けようと思う。


頑張るまーちゃんに
応援のポチをして頂けると嬉しいです。

まーちゃんの好きなもの

まーちゃんは今よりもっと小さい時から大人の食べ物が好きだ。
高野豆腐やら干し椎茸の煮物、ひじきやぜんまい等など。
モズクやメカブもへっちゃらで、
最近は私の愛飲している「黒酢」にも手を伸ばしている。
ああ、豆乳も気がつくとなくなってるな。

パンよりご飯が好きみたい。
だから飯に合うおかずが好きなのかな。

休日の朝はパンになることが多い。
これまたみんな調理パンが好きで争奪戦になる。
私はデニッシュやミルクパンにバターやマーガリンをつけて食べるので
参戦しないで傍観しているのだけど(笑)。
クロワッサンが好きなまーちゃん、これだけは外しません。
今夏にマレーシア(ランカウイ島のアンダマンホテル)で食べた
パリッパリのクロワッサンにバターを付けて食べてからハマったみたい。
私もクロワッサンが大好きなので、
余分に買っておかないと悲しい結果になっちゃいます。
一応、母親ですので子供に譲らなければならない。
これは悲しい。
ちょっと後を引いてしまう。
なので時々ミニクロワッサンを5ヶ100円で売ってくれるお店があるので
そのときを狙って買ってくるようにしているのだ。
私の休日のお楽しみです。
クロワッサンで幸せを感じる私はお手軽に出来ています(笑)。
ああ、クロワッサン食べたいな。
こんな夕の土曜日は学校だから来週までお預けです(笑)。


ポチっとして頂けると嬉しいです。

芋ほりに行ってきました

今日はお天気もよかったので芋ほりに行ってきました。
思ったよりたくさんの芋があったので、
まーちゃんも大喜びです。

 「お母さん!
  ここにもあるー!!
  うわっ!ぬ、ぬけへん・・・」

 「あ、そこ!
  あんまりスコップ使うと切れて折れるよぉ」

なーんて言いながら、ほりほりしました。
おばあちゃん、お父さん、わたしで4人で行きました。

 「お姉ちゃんとも一緒に芋ほりしたかったな」

 「うん。お姉ちゃん、芋ほりの日間違えてて友達と約束してきたでなぁ」
 
 「カラオケ?」

 「そう」

 「また掘った芋一緒に食べようっと(笑)」


うん、きっと美味しい芋なはず。



ポチっとして頂けると嬉しいです。


まーちゃんの気遣い

冷蔵庫に入っている冷たいお茶がなくなった。
まーちゃん、容器を洗って茶葉を入れて冷やしておいてくれた。
それをわざわざ言うわけでもなく、黙ってやってくれたのだ。
やさしいなぁ。
朝、

 「ありがとう、お茶作っておいてくれたんやな」

ってお礼を言ったら

 「え?あ、うん。なくなったもんで」

と可愛く照れていた。


子供それぞれにやさしさの出処が違う。
まーちゃんの出処はこういった生活のなか。
りんりんの出処は気遣いの行動。
年齢の違いというよりは性質の違い。
私はそれぞれの気遣いの優しさにちゃんと気付いて
『ありがとう』を忘れてはいけない。
私は子供に感謝することを忘れてはいけないと思う。

ポチっとして頂けると嬉しいです。

プロフィール

風の卵と私

Author:風の卵と私
母(風の卵):風が、光が、好き。
ハッピーが基本。
趣味は興味のあるもの何でも。
仕事は分析屋さん。

りんりん:高校1年生の女の子、非常に面白い。

まーちゃん:小6の女の子。
先天性心疾患と肺動脈閉鎖と肺高血圧症。根治術は未定。

とーこさん:娘二人を溺愛中。

「育てたように子は育つ」を実践中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。