FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那的な意味ではなくて

刹那的な意味ではなくて、今を大事に生きたいと思う。
今、自分に起こっている事をそのまま受け止め、そのまま感じたいと思う。

一瞬先に何が起こるか分からない。
こうしていても、何かの拍子に命が揺らぐかもしれない。
それは自分かもしれないし、大切な家族かもしれない。
だから、
今の、この時を大切に生きたいと思う。


まーちゃんの何度目かのオペのあと、
一度落ち着いた様態が悪化してリカバリーに移った。
そして、すぐにCRPの値が40になった。
点滴を外すことができる値は1を切らなければならないらしいが、その値が40。
(装置の測定上限値が40だったから、それ以上の可能性がある)

面会時間に会うまーちゃんは、胸を上下させ必死で呼吸していた。
 「まーちゃん・・・」
との呼びかけに、身体をピクリとさせた。嬉しい、母と分かるのか。
主治医の表情が曇る。
 「呼びかけない方がいいですか?」
 「・・・はい、呼びかけに反応して、
  身体を動かすと(幾つもの)点滴の針がずれてしまいます」
 「分かりました。
  手を握るのはいいですか?」
 「それなら大丈夫です」

目の前の、生きることを諦めない小さな身体に
私は呼びかけることも出来ない状況で、ただ手を握るしかなかった。
握る手の体温は熱っぽく、脈が異常に早かったのを覚えている。

翌日の緊急オペ。
確か60%の生存率が出されたと思う(40%だったか?)。
術式が難しいわけではなく、相手が目に見えない細菌だからどうなるか分からないからだと。
執刀医の言葉は
 「出来ること言えば身体を開いて生食水で洗ってくることだけです」
だった。


今、目の前で笑って「いる」、まーちゃん。
それだけでいいんだよ、それだけでいい。
あの時、心を支えてくれたのが家族のみんな。
 りんりんの声、
 とーこさんの言葉、
 祖父母のお見舞い。
私はその一つ一つに感謝をせずにはいられない。


刹那的ではなく、今を大事に生きたいと思う。


ポチっとして頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風の卵さん こんばんは

いつもコメントありがとうございます。

風の卵さんのコメントを励みに
毎日、ブログ更新がんばっております。

ぽちっと・ しときました。 

         では、またお願いします。

No title

歳がいくつだろうと、病気だろうと、健康だろうと
明日のことなんか誰にも解らない。
確かなのは今ここにいることだけ
だから今を大切にすることが一番確かなことなんですよね。

プロフィール

風の卵と私

Author:風の卵と私
母(風の卵):風が、光が、好き。
ハッピーが基本。
趣味は興味のあるもの何でも。
仕事は分析屋さん。

りんりん:高校1年生の女の子、非常に面白い。

まーちゃん:小6の女の子。
先天性心疾患と肺動脈閉鎖と肺高血圧症。根治術は未定。

とーこさん:娘二人を溺愛中。

「育てたように子は育つ」を実践中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。